* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
オールナイト!げんばカップ前夜祭
0
    ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

    エギングランキングに参加しておりま〜す!

         にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

    更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
    ハート


    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ








    去る、3月24日(日)に開催されました、げんばカップ最終戦。





    ・・・の記事は、次回として





    げんばカップの前夜。

    満月に誘われて、陸っぱりナイトエギングに行ってきました。





    もちろん!オールナイトで(笑)





    翌日の早朝からボートエギングの大会だってぇのに、そんな事する変態は、私一人だけ(゚∀゚)ヒャッハー!!




    現地到着が21時。

    21時半が干潮、翌朝4時が満潮なので、メガシャキ&強強打破のコラボでシャクり続ければドラマが・・・( ´艸`)




    海況情報によると、当該エリアの水温は15〜16℃



    キャストしたエギを回収してみると、かなり暖かく感じるので期待大!



    開始早々





    300g

    まずは、300gの♀

    フォール中に、グングン引っ張っていく元気な子でした。



    それから約15分後。





    1200g

    1200gの♂

    エギを潮の流れに乗せて、ゆっくりと送り込んでいる途中で乗りました。



    この時点で、21時半。

    ここからは、上げ潮で爆釣タイム突入!





    かと、思いきや





    潮位が上昇するにつれ、回収するエギがどんどん冷たくなっていく・・・



    す、水温が・・・水温がぁ・・・(iДi)



    でも、諦めが悪いというか、期待を棄てきれないというか

    「またそのうち水温上がるんじゃないか?」

    っていう可能性を信じて、不眠不休でシャクり続けた結果。








    気付いたら、満潮時刻を過ぎてました〜(;´▽`A``








    みはやすさんごめん!

    この時点で、燃え尽きてたわ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:






    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    2013.03.28 Thursday * 14:24 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
    ネコごろごろ アジそこそこ ワニグリップころころ
    0
      ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

      エギングランキングに参加しておりま〜す!

           にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

      更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
      ハート


      アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ









      水温も上昇し、安定した感じもあり

      月齢と潮周りから、イカはXデーが近いかと

      その反面、月が大きくなるので、アジとメバルは厳しくなるかと



      今週末からルナウィーク突入により、イカモードにスイッチを切り替える為、最後のアジングに行ってきた。



      行き先は、最近お世話になっている南伊勢方面。
      外灯のある場所を何ヶ所か回るも、アジのライズも反応も無し。

      そんな中、15〜20cm前後のメバルが水面でお祭り騒ぎをしている場所を発見!
      試しにちょっと投げてみるが、人間が思う様には簡単に釣れてくれない・・・。


      あれこれやってると、バイトしてくるパターンみたいなものがある事が解り、それでまず1匹目ゲット!


      ただ、この場所に到着してからず〜っと、なぜか私の足元では体格の良い大きな黒猫が喉をゴロゴロさせながら、体をスリスリ&ウロウロしていたので、釣れたメバルをプレゼント。









      釣れたメバルを咥えてどこかへ行ったと思ったら、次のメバルを釣り上げた時には、いつの間にが戻ってきていて、また足元で喉をゴロゴロ&体をスリスリ



      ヌコ(・∀・)カワイイ!!



      萌え萌えで、何の躊躇いも無く、またメバルをプレゼント。

      んで、またメバルを咥えてどこかへ行く黒猫。


      そうやって



      メバルが釣れる

      足元で喉をゴロゴロ&体をスリスリ

      萌える(●´ω`●)

      メバルをプレゼントする

      メバルを咥えてどこかへ行く

      メバルが釣れる

      足元で喉をゴロゴロ&体をスリスリ

      萌える(●´ω`●)

      メバルをプレゼントする






      こんなのを繰り返しているうちに

      「いくら体格良くても、さすがにそんなに早くは食えんやろ〜?」

      って思い、周囲をヘッドランプで照らすと




      (ΦwΦ)(ΦwΦ)(ΦwΦ)(ΦwΦ)(ΦwΦ)
         猫に包囲されてた。
      (ΦwΦ)(ΦwΦ)(ΦwΦ)(ΦwΦ)(ΦwΦ)




      あのたくさんのメバルは、あなた達の胃袋を満たす為に持っていってたのね・・・ヽ(;´ω`)ノ

      って事は、あの黒猫ちゃんは食料調達班?(^▽^;)


      この場所にいる限り

      『ゴロゴロスリスリ萌え萌えアタック&おさかなクレクレビーム』

      からは逃れられないと察知した私は、緊急脱出して次のポイントへ!



      次のポイントには、アジングの先行者が1名。
      状況としては、たまにライズはあっても釣れないらしい。


      ライズがあるなら、アジはいる!


      風は無風〜微風の追い風。
      潮はゆっくりと横に流れている。

      とりあえず、ダイヤモンドヘッド0.6gからスタート。

      表層から探るレンジを細かく刻んで下げていくが、反応は無し。

      そのまま探るレンジを下げていくと、カウント20辺りを境に、僅かに潮の感じが変わる事が判明。

      そのレンジを基準として上下を探ると、潮の感じが変わるレンジの僅か上層で、リフト&フォールをしながら横に曳いていると、フォールの時にワームのテールを咥えている感じがあった。


      フッキングに至らないので、ダイヤモンドヘッドの0.4gに交換。


      ジグヘッドを軽くしたので、フォール速度が緩くなったのと、潮に流され易くなった為、カウント28で狙ったレンジに到達。

      潮の違いが、0.6gよりも顕著に感じられる様になった。

      再度、リフト&フォールで横曳きしていると、明確なアタリ!


      上がってきたのは、20cm弱のアジ。


      ここからは、1キャスト1フィッシュ状態に突入。

      潮の感覚を掴み、レンジを合わせて釣っていった結果・・・










      【釣果】
      アジ 21
      ガシ 1



      潮の下げ止まり前に濁りが酷くなり、潮の感じもアタリも無くなったので、この日は終了。


      ただ、釣果は良かったのですが・・・


      アジをクーラーに入れようとしゃがんだ時、ワニグリップのホルスターがライジャケのベルトから外れ、コロコロ転がって海に落下。

      沈んでゆくワニグリップは、濁りのせいですぐに見えなくなってしまいました。(TωT)




      落とした場所は、スーパーディープで海底の起伏が激しいポイント。



      こうなったら、ジュール・ヴェルヌ原作の『海底2万マイル』に登場するネモ船長に頼んで、ノーチラス号で捜索してもらうしかない!

      そして、ノーチラス号がスカンジナビア半島沖のメイルストロームに巻き込まれた隙に脱出する計画で・・・





      そういやぁ、海底2万マイルっていえば







      小さい頃にNHKで放送してた
      『ふしぎの海のナディア』
      を思い出しますね


      ただ


      アニメの内容は、原作とほとんど関連無いけどねぇ〜(;´▽`A``








      アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



      にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
      2013.03.23 Saturday * 14:58 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
      ジグヘッドとワームを返せ!o(TωT )
      0
        ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

        エギングランキングに参加しておりま〜す!

             にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

        更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
        ハート


        アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ







        伊勢志摩変態トリオとの、楽しいトーク&コラボ釣行。

        ・・・って言っても、みんな離れて釣りしてたから、コラボ釣行になってなかった感じもしますけどね(笑)



        その帰り道、原因不明の強烈な吐き気に襲われ、高速道路の途中で何度か路肩に停車して頂きました。

        変態ウシジマくん(旧名:みはやすさん)、行き帰りの運転本当にありがとうございました!



        多分、国道260号のトンネルで何か拾ったっぽいです・・・



        翌日は、婆ちゃんの23回忌でしたが、やっぱりお参りの途中でも読経している時でも、前日の釣行で気になった部分というか、もっとこうすれば・・・って試したい事が頭の中でどんどん大きくなってきた結果・・・




        この日の夜も釣行決定!ヘ(゚∀゚*)ノ




        金物屋K5さんの話では、常連さんがのべ竿のウキ釣り仕掛けでアジをたくさん釣ってたとの事でしたので、珍しく自分から「付いて行く」と言った小猿を『ウキ釣り担当大臣』に任命。

        前日の釣果を聞いた釣友Kさんも、急遽出撃する事になった。


        20:00 南伊勢の某漁港に到着。

        しかし、餌釣りの常連さんも、アジングの先行者も、誰もいない・・・???


        準備を始めると、ウキ釣りに使う撒き餌を忘れた事に気付く。

        そこから餌屋まで買いに行くのも時間が掛かる(っていうか、めんどくさい)ので、とりあえず、刺し餌だけでやらせてみたものの、元々が明かりの無いポイントなだけにアジが寄ってない。

        餌にもワームにも反応が無い状況で少し粘ってはみたものの、元々が釣り好きではない小猿は、既に飽きて半分寝ている。

        居眠りで竿を海に落とす前に回収。

        ここで小猿は撃沈、夢の世界へ・・・

        Kさんは、ワームでガシを釣った以外は釣果無し。



        『ウキ釣り担当大臣』も辞任した事だし、明かりのある場所に移動。



        いつもは先行者がずらっと並んでいるこの場所も、この日は1名だけ。

        海面を覗き込み

        「昨日までに比べて、やけに水面が静かだなぁ〜」

        とか思っていると、先行者の方が帰られた。



        堤防の上には、私とKさんだけ



        この場所でこんな事って今まで無かったから、やっぱり今日は釣れない日なんだろうか・・・

        無風に加え、潮の流れも無さそうだったので、ダイヤモンドヘッド0.6gからスタート。

        表層から探るレンジを徐々に下げていった所、カウント5でアタリ。


        釣れたのは、20cmのアジ。



        アジ、いるじゃん!



        そのまま、カウント5で探ると、またまたアタリ!



        次も、アジ。



        今日は、このレンジかと思っていると、次は30cmのカマス。


        アジ狙いだし、カマスは調理法が分からないし、たまたま釣れたんだろって感じで、即リリース。

        しかし、そんなにカマスは釣れないだろうと安心したのが甘かった。


        そこから、カマスの連発モードに突入!



        カマスカマスカマスカマスカマスカマス・・・・・・・



        ヒットするカマスは全部30cm以上という良型で、大きいものだと明らかに50cmを超えるサイズも掛かるのだが、寄せる途中に水面で暴れたり、足元まで寄せて抜きあげようとする際に、歯がリーダーに当たって切れてしまい、ジグヘッドごとサヨウナラ・・・

        そんな状況の中、カマス5匹に対しアジ1匹の割合でヒットするものの、カマス対策として

        『違和感を感じたら即アワセ&ゴリ巻き』

        で、極力フックが口の奥に掛からない様に、頭を振らせない様にしていると、たまに掛かるアジを口切れでバラしてしまうという悲しい結果に・・・

        カマスの歯対策として、リーダーを太くする事に加え、スナップを使用してリーダーから歯までの距離を稼ぐ事でキャッチ率は向上しましたが、ほぼそれと同時に時合いが終了。




        この日、掛けたカマスは30匹以上。

        うち、釣り上げる事が出来たのは10匹未満。

        カマスの歯によってリーダーが切れ、殉職したジグヘッド&ワームは20本以上。


        あまりにも悔しいので、最後に釣れた1匹だけ持ち帰る事にしました・・・。








        【釣果】

        アジ 4
        カマス 1






        ねぇねぇ、カマス君。


        釣れてくれるのは一向に構わんのだ。


        ただし、ジグヘッドとワームは返してくれぃ!・°・(ノД`)・°・







        アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



        にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
        2013.03.20 Wednesday * 08:52 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
        志摩変態トリオとの戦い
        0
          ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

          エギングランキングに参加しておりま〜す!

               にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

          更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
          ハート


          アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ






          ※今回の記事につきまして、注意点がございますので、ご留意の上、お読み下さい。



          『み○やすの○跡』

          『金○屋K5の○ったらんけぇ〜 伊○志摩○人烏賊墨』



          上記2つの変態管理人が運営するブログと、ちょっとだけ、ほんのちょっっっっとだけ表現が違う点があります。

          どれが正しいか、どれが真実かは聞かなくても解るかと思いますので、あえて書きませんが・・・




          私のブログが真実です!(#`ε´#)フーンダ




          15日の金曜日。

          13日じゃないのでジェイソンは来ませんでしたが、変態みはやす改め






          みはやす

          変態ウシジマくんよりLINEが来た。


          「ハゲ、イカ、釣らせろ」


          この、解り易過ぎる程にシンプルなメッセージには


          「今夜あたり、出撃しませんか?
          でも、独りの夜は寂しいから、一緒に行って欲しいナ・・・(はぁと)」


          多分、こんな意味が込められていると察知した私は、高速使って自宅に帰ると、飯も食わず、風呂も入らず、勝負下着に着替え、変態ウシジマくんの為に準備を始めた。

          準備を始めて15分、変態ウシジマくんのハマーH2が自宅前に到着。

          無駄に車体がデカい上、道路の真ん中に停車する為、ご近所様には本当に迷惑な話である。

          呼び鈴もならさず、玄関を開けて、たった一言。


          「まだか、おせーぞ」


          この、解り易過ぎる程にシンプルなメッセージには


          「ホントに、ホントにゴメンね、ワタシなんかの為に・・・
          急いでないから、ゆっくり準備していいからね。
          それに、待たされるの好きなんです・・・(はぁと)」


          多分、こんな意味が込められていると察知した私は、忘れ物をしない様に、本当にゆっくりと準備をしていたら




          ダイワのクーラーボックスで殴られた。




          鼻血を流しながらハマーにタックルを積み込むと、アクセルベタ踏みでETCレーンを突破し、南へ。

          向かった先は、南伊勢の某漁港。



          変態ウシジマくんの情報によると、伊勢志摩の変態野郎がここに攻め込んで来る為、戦いに向かうんだとか何とか・・・

          戦いの駒にされるのはヤだな〜



          変態ウシジマくん 「ゆき、貴様なぜ自分の任務を果たそうとしないんだ。」

          ゆき 「変態ウシジマさんは、何で戦っているんです?」

          変態ウシジマくん 「今は、そんな哲学など語っている暇はない!立てよ、おい!」

          ゆき 「やめてくださいよ!そんなに志摩の変態と戦いたいんなら、あなた自身がやればいいんですよ!」

          変態ウシジマくん 「出来ればやっている。貴様に言われるまでもなくな。」

          ゆき 「僕だって出来るからやっているんじゃないんですよ!」

          バシッ(平手×1回)

          ゆき 「ウッ、殴ったね。」

          フラウ 「変態ウシジマ少尉」

          変態ウシジマくん 「殴ってなぜ悪いか。貴様はいい、そうやって喚いていれば気分も晴れるんだからな!」

          ゆき 「僕がそんなに安っぽい人間ですか!」

          バシッ(平手×1回)

          ゆき 「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」

          変態ウシジマくん 「それが甘ったれなんだ!殴られもせずに1人前になった奴がどこにいるものか!」

          ゆき 「もうやらないからな!誰が二度とハマーなんかに乗ってやるもんかよ!」

          フラウ 「ゆき、いいかげんにしなさいよ!しっかりしてよ!情けない事言わないでゆき!」

          変態ウシジマくん 「俺はえさきちにいる。ゆき、今のままだったら貴様は石ゴカイだ。俺はそれだけの才能があればパワーイソメを超えられる奴だと思っていたが残念だよっ!」




          漁港に到着して、ハマーから降りると、冷たい風が頬を撫で

          ・・・と思ったら、何か温かくて柔らかい物が、反対側の頬に密着した。




          「それはワタシのおいなりさんだ。」




          で、出た!リアル変態仮面!

          泣く子はもっと泣く、伊勢志摩を代表する変態

          『金物屋K5』

          の登場だぁ〜ッッッ!


          更に、その背後から忍び寄る影は、金物屋K5の実弟

          『水道屋masato』

          そして

          『水道屋A1』

          だぁ〜ッッッ!



          こ、これが噂の『伊勢志摩変態トリオ』か・・・

          無理だ、勝てっこない。




          私は、死を恐怖した。

          変態ウシジマくんは、死を覚悟した。




          その後の事は、よく覚えてません。

          伊勢志摩変態トリオと変態ウシジマくんの繰り広げる、あまりに酷いド変態トークに、意識が薄れてきた事までは覚えているんですが




          何か、寒さの中、アジングをした様な・・・

          変態ウシジマくんは、エギングをしていた様な・・・




          気付いた時には、自宅のベッドで寝ていて





          3/15釣果

          カメラには、こんな画像が残されていました。





          皆さんも、伊勢志摩変態トリオの、ド変態トークには十分気を付けて下さい。







          アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



          にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

          2013.03.17 Sunday * 12:48 | 釣行記 | comments(2) | trackbacks(0)
          リベンジ釣行 de 2013初アジ
          0
            ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

            エギングランキングに参加しておりま〜す!

                 にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

            更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
            ハート


            アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ







            前回の、masaさん、hideさん、piroさんとのコラボ釣行で

            アタリはあれども釣る事が出来なかったアジング。




            このまま終わっちまうのは、やっぱり悔しい!
            もっと釣りたい!経験を積みたい!引き出しを増やしたい!腕を上げたい!

            食べたい なめたい 危険地帯 by SEXMACHINEGUNS




            帰りの車中で、ハンドルを握りながらそれ(食べたい なめたい 危険地帯)ばかり考えていた。

            ・・・っていうかさ、危険地帯ってどこよ?(゚∀゚)エロス!!!



            だ か ら



            コラボ釣行から帰ったその日の夜、アジングオンリーで出撃してみた。

            2夜連続釣行(^ε^)♪

            さすがに昨日のポイントまでは遠い為、もう少し近くてアジが釣れているという、某漁港。




            到着したのが午前1時頃。

            先行者は4名。



            水面を覗くと・・・



            いるいる、アジがいる!

            20cm前後のアジが、水面下を泳ぎ、時折ライズしている!



            これは、ちょっと期待してもいいんでないかい?( ´艸`)



            期待を胸に股間に、早速、ワームをキャストしてみる。







            ・・・が






            釣れない。

            全く釣れない。



            前日のポイントの様に『アタリがあるのに釣れない』んじゃない。



            アタリすら無い。

            そうやって、カラーを色々と変えながら苦戦している私の隣に、シラスうなぎ捕りの方がやって来た。


            海面に集魚灯を下ろし始めたので見に行くと、光に集まったプランクトンやバチの下で、大量のアジが乱舞している!!

            お話を伺っていると、どうやらこの方もかなりアジングをされるそうで、集魚灯に集まったアジにワームを落とし、どんなカラーに反応するか試させて頂けないかとお願いしてみると、快諾して下さったので、早速チャレンジ!



            すると、意外な事が判明した。



            ・無反応なカラー
            ・ちょっとだけ反応するカラー
            ・追尾するけど食い付かないカラー
            ・テールは咥えるけど、すぐに離してしまうカラー


            そして


            ・逃げるカラー


            これは意外だった。

            投入したら、あれだけ集まっていたアジが、明らかにワームを避けている。

            しかも、連続してトレースしていると、アジが逃げて1匹もいなくなった。



            シラスうなぎ捕りの方も「こんなんあるんやねぇ!」って驚いていた。



            ただ、この日はシラスうなぎの寄りが非常に悪い(それを捕食しに来るアジも少ない)との事で、1時間程で帰られていきました。



            こうなると、気になるのは

            ・テールは咥えるけど、すぐに離してしまうカラー


            時刻は3時過ぎ。

            寒さが限界に近く、帰ろうかどうかを迷っていた所だったが

            「とりあえず1匹だけでも釣りたい!」

            その目標だけを達成すべく、中層を漂い易くする為に、ジグヘッドを軽くし、ワームを付け替える。



            前日の釣行時、masaさんのアジングセミナーでアドバイスして頂いた内容を実践していると・・・





            コン





            いきなりヒット!

            何と、1投目で目標達成(笑)



            これは凄いぞ



            欲張って、2投目





            コン




            またまたヒット!

            ちょっと引きが違うな〜と思って上がってきたのは、カマス

            う〜ん、残念。


            ・・・っていうか、残念も何も、既に当初の目標は達成したのに、釣り人って本当に贅沢です。

            私が映画監督になったら、そんな釣り人を題材にした映画を作ろうと思う。


            【タイトル】 神様、もう1尾だけ

            【主演】  金城武、深田恭子  


            1998年7月頃に、フジテレビの火曜21時枠で聞いた事あるようなタイトルだってのはスルーして、イーヨ!(゜ρ゜)




            おっと、知らぬ間に妄想の世界にトリップしてたゼ、あぶねーあぶねー(;´▽`A``




            さっきまでの苦労は何だったんだ?っていう位、こんな簡単に釣れるなら、最後に1キャストだけして、釣れるかどうか試してみよう!

            寒さもマジで限界、釣れても釣れなくても、本当のラストキャスト。







            コン







            マジかー!Σ(~∀~||;)


            アジングって、難しいのか簡単なのか、よく分からなくなってきました・・・








            釣果

            アジ 2
            カマス 1

            アジングの面白さ priceless!!






            ぶっちゃけ、アジングを始めるまでは


            「アジなんか餌で釣れば十分やん?わざわざワームで釣る必要なんてあるかぁ〜?」


            って思って・・・いえ、めっちゃ言うてました。


            でも、実際にこの釣りをやってみると、奥が深い!めっちゃ面白い!

            過去に戻れるなら、アジングを馬鹿にしていた頃の自分に言ってやりたい。



            「ガタガタ言ってねーで、まずはやってみろ、話はそれからだ。」



            アジングに興味はあるけど、なかなか踏み込めない方。
            過去の私みたいな考え方を持っていて、アジングをやっていない方。

            難しい事は言わないから、難しく考えなくていい。
            是非、やってみて、面白いから!



            Our goal is to make everyone involved happy.






            アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



            にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

            2013.03.16 Saturday * 15:43 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
            クレイジーオーシャンと34のコラボ?
            0
              ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

              エギングランキングに参加しておりま〜す!

                   にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

              更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
              ハート


              アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ









              先週の金曜日。


              平凡なサラリーマンアングラーの私は、週末にどこへ釣りに行くか決めかねていた。

              なぜなら、当初釣行を予定していた志摩方面の水温が、あの!伝説の!



              『モアイ顔くにゆき』



              が、御座ミニボートセンターへ釣りに行くと決めた瞬間、伊勢湾からの冷水流出により一気に4℃以上も低下したから・・・





              0308

              志摩の片田に至っては、前日に14℃以上をキープしていた水温が9.8℃まで低下。

              こりゃ〜、引田天功もビックリのイリュージョンだわ・・・(;´Д`)ノ



              そこで、モアイ顔くにゆきの呪いから少しでも遠くへ逃れるべく、行き先を尾鷲〜熊野方面へ修正!

              ポイント選択に至っては『尾鷲の鬼』こと、墨澤組のハクちゃんと相談し、貴重な情報とアドバイスを頂く。

              しかも、朝マヅメにはクレイジーオーシャンの開発スタッフであり、34のアドバイザーでもあるmasaさんと合流させて頂く事にもなったのだ。



              う〜ん、何だか凄く楽しい釣行になりそうな予感がするゾ (ΦwΦ)キラーン!!



              22時に自宅をデッパツして、伊勢道〜紀勢道〜国道42号を爆走して南へ下る。


              ちなみに、巷で噂になっている

              『紀勢道 みんなで声出せ 奇声道』

              っていう都市伝説みたいな諺。



              多分、そんなものはありませんが・・・



              とりあえず(゚∀゚)ヒャッハー!!

              奇声を(゚∀゚)ヒャッハー!!

              発しながら(゚∀゚)ヒャッハー!!

              淫サイトを(゚∀゚)ヒャッハー!!

              走らせる事(゚∀゚)ヒャッハー!!

              約2時間(゚∀゚)ヒャッハー!!



              第一チェックポイント到着。

              【潮色】 白濁り(強)
              【水温】 12℃
              【潮流】 左から右へ、ゆっくり

              名古屋から来られていたヤエン師ご夫婦、アタリ無し。
              当然ながら、エギにもワームにも反応無し。

              約1時間経過後、移動。




              ここで、直線距離にして約20km離れた北のポイントにいるmasaさんから、1杯上げたとの情報が入る。

              潮色も、多少は良いみたい。



              北上するか、南下するか・・・

              とりあえず、更に南下した次のポイントの状況を見て判断しよう。



              第二チェックポイント到着。

              【潮色】 白濁り(中)
              【水温】 11℃
              【潮流】 ほとんど無し。

              先行者、無し。
              生命反応、無し。

              バイオ粒子反応、無し!



              これ以上南下しても、状況が良くない可能性が高いと判断し、北へ向けて移動。

              北上する途中、もう1ヶ所だけ気になるポイントがあった為、寄り道。



              ここも、ハクちゃんお勧めのポイント。

              私自身は、過去に1〜2回しか来た事がありませんが、ある『特定の条件』の時は海全体の活性が上がるという、有名なポイント。


              潮色も、濁りは入っているものの、先程まで回っていたポイントよりも随分良い。

              外灯の周りには、アジングの方が5〜6人。
              暫く見ていると、20cm前後のアジをコンスタントに釣り上げられていた為、アジングに変更。




              ・・・しかし、釣れない。




              アタリはあるが、ワームのテールだけ咥えている感じで、フッキングさせる事が出来ない。

              ジグヘッドを軽くしても、ワームのカラーを変えても、シルエットを小さくしても、結果は同じ。



              一体、何が違うのか・・・?



              あまりにも気になった為、10m程隣で連続して釣っておられた方にお話を伺った所、違いは自分は持っていないワームのカラーという事と、リグの『曳き方』でした。

              ベースカラーが同じワームは持っていたものの、ラメの有無だけで、こんなにも食い込み方が違うなんてぇ〜o(TωT )

              こういう時って、ジグヘッドの軸に付けるアシストフックを追加したり、リアフックの付いてるプラグの方が釣れる様な気がするのは、素人考えなんでしょうか?


              そうやって、食い込みが浅いバイトのアジを、いかにして食わせようかと四苦八苦していると、突然。




              「・・・ゆきさん、ですよね?」




              全体のシルエット程度しか確認出来ない様な暗さの中、背後から見知らぬ男性に声を掛けられた。


              猿 「だッ、誰ですかいきなりッッッ! け、け、け、警察を呼びますよォッッッ!!」 (((゜д゜;)))


              男 「いえ、警察呼んでも人相からして職質受けるのはアンタだよぅ」 (`∀´)ケケケ


              猿 「・・・あ、そっか!じゃあ警察呼ぶのやめますぅ〜」 (^▽^;)



              声を掛けてきた男性は・・・・



              何と!もっと離れたポイントにいる筈のmasaさんでした! マササン(゚∀゚)キタ━━━!!!

              しかも、隣には34スタッフのhideさんまでいらっしゃいました! ヒデサン(゚∀゚)キタ━━━!!!


              私からの「何でこんな暗闇で解ったのか?」という質問に対しては




              「ん〜、全体の雰囲気です!」(b^-゜)




              ・・・って、私って一体どんな生き物なんすか?(-"-;A


              ここでは、masaさん、hideさんの他に、アングさん、T1号さん、Piroさんとお会いする事が出来ました。

              しかも、アジが釣れずに苦戦している私からのお願いにより、masaさんにアジングセミナーまで開催して頂き、感謝感謝!



              皆さん揃った所で、本命ポイント方面へ移動!

              移動途中に立ち寄った場所で、masaさんからオーシャンフォールを貸して頂き、シャクリ感の確認をしていると

              微妙な違和感が・・・






              ドン!!!






              獲物

              こんなん出ましたけど?






              集合写真

              masaさん、hideさん、piroさん、私の4人で記念撮影。


              そして、ここから更に移動。

              ようやく辿り着いた本命ポイントは、今まで立ち寄った場所とは比べ物にならない位に潮色がクリアなのに加え、ホンダワラが繁茂し、ベイトも多数!

              それにしても、同じ県内の海でピンスポットだけこんなにも違うなんて、マジでヤバいす・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)




              Xデーにデカイカが爆発するのは、ここが一番可能性高いかも( ´艸`)




              その後、masaさんとhideさんとのダベリングタイムに突入し、あんな事やこんな事や、本当に色々と勉強になるお話しを伺う事が出来ました。



              コンビニでアイス食って、お別れしてからは





              一冨士

              お決まりの『一冨士』でランチ。

              小猿は定番の中華そば。

              私はカレーうどん。



              こてつさん、ごちそうさまでした!

              美味かったです!ヾ(@^▽^@)ノ





              さぁて、気になる本日の釣果(お土産)は、





              大黒屋

              一冨士の隣にある『大黒屋』の、牛肉しぐれ巻き寿司。





              以上!(爆)





              masaさん、hideさん、piroさん。

              長時間の釣行、お疲れ様でした!

              本当に楽しかったです!

              そして

              今後共、宜しくお願い申し上げます!








              アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



              にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


              2013.03.16 Saturday * 08:42 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
              KFCステッカーの呪い(ご利益?)は、本当だった・・・
              0
                ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

                エギングランキングに参加しておりま〜す!

                     にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

                更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
                ハート


                アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ






                前回のブログで、みはやすさんと金曜日の夜〜土曜日の朝まで、陸っぱりナイトエギングに行く計画を立てたものの




                KFCステッカー

                KFC会長から頂いたステッカーには、呪いがあるらしい。


                かーさんも、このステッカーを貼ってから

                不完全燃焼

                天候不順

                ○ボ

                という素晴らしい3連コンボにより、未だに苦しんでいるそうです。


                「そんなの迷信だって〜の」( ´艸`)


                と、安易な気持ちでいましたが・・・





                130221

                2013年2月21日時点での海水温分布図。


                伊勢湾からの13〜14℃の冷水が浸出、南下し、低水温傾向となった影響で、逆に15〜17℃の暖かい潮が押され、志摩付近まで伸びています。

                それが、釣行を決定した直後から、何やら怪しい感じに(°д°;)





                130222

                2013年2月22日の海水温分布図。


                暖かい潮が南下してしまっとるやないかぁ・・・・°・(ノД`)・°・

                こ、これがKFCステッカーの呪いってヤツか?



                とりあえず、みはやすさんにLINEで再確認。


                猿 「志摩付近の水温が13℃位しかありませんが、それでも行きますか?」

                みはやす 「まぁ、行くでしょ?(笑) 西口さんが行かなくても、朝マヅメだけシャクってきます!」


                この男、本気・・・いや、真性の変態!エギング中毒だ!

                万が一にでも1人でシャクりに行かせたら、どんな事件を起こすか分かったもんじゃないわ!


                水温13℃で釣果は望めそうにないけど、とりあえずは変態の監視役として、徹夜&爆風激寒の耐久ナイトエギングに同行する事になりました。



                しかし、現実はやっぱり厳しかった・・・。



                水温低下で、水は超クリア!

                エギは冷え冷えでお帰りなさいまし!






                タコ

                一応、朝の満潮時刻までは頑張ってみましたが、結局は写真の良型タコのみという貧果で終了。

                ただ、釣り上げた瞬間


                「おっ!? こいつヘアスタイル(頭皮スタイル?)が俺と一緒やん!」( ´艸`)


                とか思ってしまった私は、猛烈な眠気で夢でも見ていたのでしょうか・・・?




                残念なのは、オーシャンソード83での初釣果が、タコになってしまった事ですぅ〜o(TωT )




                実釣での使用感としては、キャスト時の振り抜けも感度も良好、シャクり易いロッドでした。

                みはやすさんは、私とはシャクりのスタイルもタイミングも違う為、また違った視点でインプレして頂けると思い、試しに使用して頂きましたが、私と同様の感想を述べられていましたので、使用者による使い方やクセが違っても、基本的な性能の感じ方は変わらない良いロッドだと思います。





                さて、今日の夜は『墨寿会』

                大阪までの往復運転と、美味い物をガッツリ食う為に、そろそろ寝ます・・・







                アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



                にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
                2013.02.23 Saturday * 10:39 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
                みはやすの航跡 2013 vol.1
                0
                  ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

                  エギングランキングに参加しておりま〜す!

                       にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

                  更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
                  ハート


                  アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ






                  あの方が、船舶免許を取得した・・・らしい。

                  あの方ってのは、このブログでも頻繁に出てくる



                  『みはやすの墨跡』



                  の管理人、みはやすさん。

                  自他共に認める・・・いや、認めざるを得ない、アラフォー変態ナイス害!ヽ(゜▽、゜)ノ



                  一体、どれ位の変態かって?



                  スーパーに買い物に行くと

                  「ねぇ、ママぁ〜?あのオジサン何か変・・・」(´0ノ`*)
                  「しッ!見ちゃダメッ!」ヾ(。`Д´。)ノ

                  こんな事は日常茶飯事だとか何とか・・・
                  怖い世の中ですなぁ〜(笑)

                  んで、そのみはやすさんが船舶免許を強奪・・・じゃなくて取得したってんだから、こりゃ完璧に事件でしょ?

                  何か起きるんじゃねーかと怯えながら日々を送っていると、案の定LINEで連絡が入った・・・。



                  「あぁ〜ッ!くにゆきよぉ〜!今年の初イカを釣りに行くでついて恋やぁ〜ッ!」



                  名前も、文字の使い方も間違ってるよアンタ・・・
                  っていうか、電話を掛ける相手からして間違った?



                  「やっぱり、関わりを持つのやめよう!」って、心に誓った瞬間でした(嘘)



                  そんな、みはやす船長が初航海にして、2013年の初釣りの舞台に選んだのは、

                  紀伊長島の三浦にある


                  『フィッシング光栄』 さん


                  エンペラーズカップ以来、ご無沙汰しておりました・・・(;´▽`A``

                  船長、その節は大変お世話になりました!m(_ _ )m


                  予約したレンタルボートは、19ftの30ps艇。
                  GPS魚探、シーアンカー、錨という豪華装備の船です。

                  あとは、2013年の初航海が、初後悔とならない事を祈るのみ・・・





                  出船前

                  当日の犠牲者・・・もとい、参加者は、みはやすさん、坂本君、私の3人。


                  紀伊長島エリアの水温は14℃。

                  決して高いとは言えない水温を見て、私はある予想をしていた。

                  ・みはやすさんが変態なら、水温は上昇。
                  ・坂本君が変態なら、水温は下降。

                  どちらが勝っても、人類に未来は無い!
                  『エイリアン vs プレデター』
                  みたいな感じですねぇ〜( ´艸`)





                  出航

                  期待と不安の中、みはやす船長のドロ船が波を切って出船!





                  日の出

                  朝は風も波も無く、朝日も綺麗でした。

                  釣果を期待して、目星をつけていたポイントを巡る。

                  しかし、どこも異常無し・・・。




                  みはやすイカ

                  そんな中、みはやす船長が貴重な1杯目をGet!





                  蜃気楼

                  分かり難いですが、蜃気楼が発生していました。







                  あまりにも渋いので、こんな写真を撮ったりしてると、坂本君が壊れてきて下ネタを連発!

                  見事なまでの壊れっぷりに、私とみはやす船長があっけに取られながら釣りしていると、エギを巻き取る度にどんどん冷たくなってきているのが分かった。

                  ・・・水温低下。


                  坂本君、変態確定!(爆)


                  どこへ行っても水が冷たい。
                  そんな笑えない状況に、ただただ笑うしかない中





                  坂本君イカ

                  坂本君が、最大寸のイカをGet!

                  変態のくせに、水温下げたくせに、自分だけズルい!(`ε´)

                  とにかく、おめでとうございます!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:





                  釣果

                  今回の釣果

                  アオリ 5杯
                  コウイカ 1杯

                  みはやすさん、坂本君、厳しい状況の中、本当にお疲れ様でした!m(_ _ )m





                  一冨士

                  帰りは、鉄板スポットの一冨士!

                  冷えた身体には、最高に美味い栄養補給でした。

                  こてつさん、いつもありがとうございます!






                  さぁ、みはやす船長の航跡は、これからも続きます。

                  本人は「ドロ船」と言っていますが、乗り心地は豪華客船並み快適さ&面白さ!

                  真面目な坂本君が、いきなり


                  変態キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


                  って感じで豹変した位ですから(笑)

                  次の犠牲者・・・もとい、参加者はあなたかも?







                  アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



                  にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
                  2013.02.13 Wednesday * 01:34 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
                  おさかな天国Again
                  0
                    ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

                    エギングランキングに参加しておりま〜す!

                         にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

                    更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
                    ハート





                    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ






                    浦島太郎的な記事で申し訳ねぇだ・・・(´・ω・`)
                    さっき、竜宮城から帰ぇってきたもんでよぉ・・・・°・(ノД`)・°・




                    PSR-60をサンタから頂いてからの週末。

                    おさかな天国に、ノジーと行ってきた。


                    狙いは、メバルとガシ(カサゴ)

                    アジングロッドを入手したのに、狙いがロックフィッシュとはねぇ・・・(^_^;)


                    まぁ、楽しく釣りが出来たらそれで良しやから、気にしない気にしない:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

                    今回は、夕マヅメから狙う事を想定して、明るいうちから現地入り。



                    しかし、というか、やはり、というか



                    日没前の明るい時間帯である為、メバルもガシも夜に比べて反応は鈍い。

                    サイズも小さく、キープには至らない為、全てリリース。

                    ただ、反応は鈍いとは言っても、飽きない程度には釣れてくれるので、人間側のテンションは常に高めヽ(゜▽、゜)ノ

                    ここで、手返しを早くしたい上、魚にダメージを与えない様に、魚体に触らずリリースしたい為、ジグヘッドをバーブレスに加工したら、今度はフッキング率が良くなってバラしも低減する事に( ´艸`)


                    それにしても、さすが『おさかな天国』


                    沖向きに投げても、シモリ際を狙っても、潮に流しても、狙った所で狙った様に釣れてくれる。

                    ジグヘッドの重さを変えるとアタリの出方も変化するし、ワームの大きさや色を変えると反応も変化するので、楽しみながらも非常に勉強になる時間を過ごす。

                    初使用のPSR-60に関しては、バランス、感度、操作感が本当に素晴らしいロッドだと思う。

                    好みの問題もあるとは思いますが、PLAYFUL SPIRIT ROD(遊び心いっぱいの竿)と銘打ったものでありながら、非常に完成度が高いと感じました。

                    「講釈を垂れるのは、アジをそれなりに釣ってから言え」
                    ってのは、言わなくても解ってるから言わなくていいですからね(´0ノ`*)




                    え〜、さてさて


                    太陽が沈みかけた頃、潮流に負けない様に重めのジグヘッドを使用し、岸際を探っていたノジーのロッドが大きく弧を描いた!







                    上がってきたのは、良型のメバル!

                    ノジーおめでとう!(*゜▽゜ノノ゛☆




                    そして、ここからが本当の『おさかな天国』の始まりだった・・・




                    日没と共に、メバルとガシの反応するレンジが明確に分かれ、それと同時に釣れるサイズが一気に上がる!

                    外灯の光が当たる場所の水面下5mはメバル天国で、軽量のジグヘッドは底に到達しない程。



                    そこで、ジグヘッドを1gに変え、ロングキャストからボトムに早く沈めて探ると・・・






                    30cm近くはあろうかという、良型のガッシー君!






                    同じパターンで、ノジーも良型をGet!



                    風が止んで海面が凪になると、メバルのレンジが下がってしまったので、中層〜ボトム中心の釣りを展開。

                    この日は、良型と呼べるサイズのメバルが少なかったので、大型のガシ狙いに変更。


                    ポイントでもレンジでも、微妙に潮の感覚が違うのですが、その中でも1ヶ所だけ、敷石の中に吸い込まれる様な流れの場所があった為、ジグヘッドを再度0.6gに変更し、スローに探ってみると



                    フッ・・・



                    微妙に感じていた吸い込まれる様な感覚が消えた。




                    ジジジジーーッッ!!




                    反射的に軽く合わせると、緩めにセッティングしたドラグが滑る音と共に、手元には重量感のある引きが伝わる。


                    デカい!


                    この日釣り上げたどのメバルよりも、どのガシよりも強い。
                    いや、ひょっとしてメバルやガシじゃない、チヌの様な魚なのか?

                    何度かの突っ込みをいなし、ようやくネットイン。

                    上がってきたのは・・・








                    この日の最大寸となる、メタボガッシー君!

                    よくぞ釣れてくれました!m(_ _ )m



                    それにしても、今回もめっちゃ楽しい釣行でした。



                    おさ天よ〜♪
                    今夜も〜♪
                    ありがとう〜♪

                    by 烏賊原裕次郎





                    そういえば、今週末は大潮の満月ですね〜( ´艸`)

                    今年はまだエギングに行っていないので、天気次第で2013年の初エギングとして、ナイトエギングにでも行こうかなと計画しております。

                    ただ、場所も時間も未定。

                    早い話、予定は未定って事ですね Zzz…(*´?`*)。o○





                    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ




                    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
                    2013.01.25 Friday * 01:40 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
                    『2012 DAIWAペアエギングパーティー in 三重』 参戦記
                    0
                      ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

                      エギングランキングに参加しておりま〜す!

                           にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

                      更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
                      ハート





                      アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ





                      2012年11月11日 午前4時。

                      その男達は、三重県北牟婁郡紀北町の紀伊長島港に向かって車を走らせていた。



                      その目的とは




                      『2012 DAIWAペアエギングパーティー in 三重』




                      昨年の雪辱(そんなもんあったかな?)を晴らす為、1年かけてネタに磨きをかけ、更に美味しくなりました(当社比)

                      そして今年は、最高にして最凶・最狂・最恐のネタに、ボケとツッコミの絶妙なバランスを兼ね備えた変態コンビ



                      みはやす/ゆき組での参戦を決定!



                      ・・・っていうか、昨年も同じペアだった気がするのは気のせいです。







                      EX AGS89M-S

                      私に至っては、大会の前日にこんなものまで買っちゃってまぁ(爆)







                      それでは、始まり始まり〜







                      受付

                      午前6時、受付開始。


                      まだ日の出前の時間帯である上、天候も曇りの為、周囲は真っ暗。

                      昼から天候が悪化するとの予報により、受付時間が11:00〜12:00に変更になるとのアナウンスが流れる。

                      そんな中、各参加チームの選手達は受付が終了すると、思い思いのポイントに向かって車を走らせていく。


                      みはやす/ゆき組は、先頭から6〜7番目という早い段階で受付を済ませると、淫サイトのアクセルをベタ踏みし、1300ccエンジン&モーターアシスト全開での最高時速60km/hで、尾鷲市某所へ向かった。


                      これから約6時間にも及ぶ、スプリントレースさながらの耐久戦の幕は切って落とされた!


                      これはまさに『6時間耐久エギング』

                      名付けて『6耐』って事で(笑)





                      まず1ヶ所目は、某漁港の外海に面したポイントでスタート。

                      濁りも無く、ベイトの他に子イカの姿も多数見える上、眼前には潮目も入っている為、期待大!




                      嵐の前の・・・

                      残念ながら、曇天の為に恒例の朝日ショットは不発。

                      朝日は撮影出来ませんでしたが、雲のコントラストが綺麗だったので撮影してみました。



                      釣れますように・・・



                      朝のうちは無風で雨も降っておらず、非常に釣り易い天気であった為、このまま大会終了まで天気がもってくれる事を期待したのですが、午前8時頃から急激に天候が崩れはじめ、正面からの爆風&大雨により、やむなく風裏になるポイントへ移動。

                      ここは多少濁りが入っているものの、大量のベイトも見え、潮も動いているので条件的には悪くないと判断。


                      みはやすさんは、潮の流れの比較的緩い岸沿いに並行して伸びるかけあがり付近に、潮の流れと風の強さに応じてノーマル〜23g程度のエギを使い分けてキャストし、探るレンジを変えながら、当て潮から引き潮に変化する中にエギをドリフトさせ、ラインの張りを調整しつつ、抵抗感の変化によってアタリを取る『M(みはやす)フォール』を駆使し、かけあがり沿いの回遊イカ狙い。

                      私は、沖を流れる強い潮に必要以上にエギを流されない事と、爆風にラインを引っ張られてエギが浮き上がらない様、ボートエギング用の重量のあるエギを超ロングキャストし、陸っぱりティップランで沖の障害物周辺の居着き&外海からの回遊イカ狙い。


                      個人で出場していない限り、同じ条件の下で対極的な釣りを展開する事は、何が正解で何が不正解であるとか、またその変化や状況判断をする上で、非常に有効な方法であると言えます。(多分ね)


                      開始から1時間。

                      風裏狙いで入ったこのポイントも、時間が経過するにしたがって風向きの変化と風雨の強まりによって釣りを成立させるには厳しい状況になりつつあった。



                      そんな中



                      ほんの僅かな時間でしたが、風が弱まったタイミングを見計らって、みはやすさんが風上方向にエギをキャスト。

                      ライン処理を丁寧に行い、カウントでレンジを計る。

                      シャクリ〜ステイ〜フォールという一連の動作の中、一度フッキングをした様に見えた後のフォールから、シャクリ上げた次のステイで、みはやすさんが大きく体を仰け反らせた!


                      再び吹き荒れ始めた爆風の中、みはやすさんのニューロッド『エメラルダスAGS 83ML SHORE』が大きく弧を描く!


                      ロッドの曲がり、締め込みのストローク、海中で吐き出している墨の量が、明らかに良型である事を確信させた。




                      爆風でギャフが煽られ、なかなか掛ける事が出来ず焦ったが、何とかギャフ掛けに成功して上がってきたのは・・・






                      三原イカ

                      950g(釣り上げ直後にイカグリップにて計測)

                      キャストもままならない様な悪天候の中、一瞬のチャンスを逃さず獲った価値ある一杯!


                      アンタマジスゲーヨ・・・
                      金玉筋毛無ぇよ・・・


                      その後、2杯目を狙う気分的に余裕のあるみはやすさんと、とにかく1杯目を釣りたくて焦ってる私の努力も空しく、天候の悪化により早めに帰着する事と致しました。




                      検量で計測して頂いたところ、重量は875g。

                      1杯でこのウエイトなら、ひょっとしたらひょっとするかも・・・





                      果たして結果は





                      表彰式

                      何と、3位で表彰台に上がる事が出来ました!


                      でも、釣ってないのに表彰台に上がるって、何だかとっても恥ずかしいですね(笑)



                      ちなみに、みはやすさんの釣り上げたアオリは、今大会で持ち込まれた中での最重量でしたので、もしこれがペアでなく個人出場の大会で、1杯の重量で争うルールだった場合、みはやすさんが優勝だったと考えると、2年連続ボウズだった私とは、来年からは組んで頂けなくなる可能性が・・・





                      帰りは、墨澤組の方々と一冨士へ




                      一冨士

                      一冨士

                      味噌五目SP

                      味噌五目中華SP



                      チャーシュートッピング

                      こちらは、味噌五目中華SPのチャーシュートッピングです。



                      牛肉しぐれまき

                      一冨士に来た時は、隣の大黒屋の牛肉しぐれ巻きはテッパン!




                      表彰状

                      こちらが頂いた表彰状です。

                      もちろん、実物はみはやすさんに所有して頂いてます。


                      ちなみに、私の名前は『幸弘』じゃなくて『幸宏』ですので、ファンレターや怪文書を送る際は気を付けて下さいね(爆)




                      副賞

                      んで、これが今回頂いた副賞のバッカン。

                      ピンクって、カワイイ系の私にピッタリの色ですが、何だか使うのが勿体無いです。


                      とか言いながら、そのうちガンガン使ってそうな気がしますが





                      尚、今回の大会を開催して下さった、株式会社グローブライド様ならびにスタッフ様。

                      そして、参加された皆様。

                      本当にお疲れ様でした!




                      みはやす、改め、三原さん

                      昨年に懲りず、今年もペアを組んで頂いた上、表彰台にまで上げて頂いて本当に感謝しています。

                      これからも、楽しく面白く釣りをしていきましょう。


                      1クールのレギュラーよりも、1回の伝説  by 江頭2:50


                      そんな三原さんに、私からのささやかなプレゼント。

                      釣り具じゃないですけどね



                      『烏賊って』  作詞・作曲 西野かな?


                      ねえ覚えてる? 君がくれた言葉
                      「頭のてっぺん光ってる」
                      もしあの時 君が釣らなかったら
                      今の記事は書いていないかも

                      どうしたの?アオリじゃないね
                      クルクル回って
                      一人じゃ出れない大会も
                      二人なら出れるって言ったでしょ

                      烏賊って 烏賊って
                      釣れたりしないんだね
                      アタリ取ってごらんよ
                      私は 私は
                      根掛かりだけど今は
                      餌木猿を回収したいから
                      ここにいるよ

                      沖で掛けた私の烏賊は
                      まだ遠過ぎて見えないけど

                      それってコンブじゃない?と
                      教えてくれた
                      君がイジるから負けたくない
                      日頃の恩を忘れてるでしょ

                      烏賊って 烏賊って
                      私には釣れないんだね
                      検量に持ち込んでごらんよ
                      私は 私は
                      ボウズだけど今は
                      景品がほしいから
                      ここにいるよ




                      アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ




                      にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
                      2012.11.17 Saturday * 02:07 | 釣行記 | comments(4) | trackbacks(0)


                      | 1/11Pages | >>