* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
コメント欄の質問への回答
0
    ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

    エギングランキングに参加しておりま〜す!

    更新頻度とヤル気の向上の為、にほんブログ村 釣りブログ エギングへをクリックして頂けると嬉しいです!
    ハート






    9月16日のブログ記事『大人のオモチャ』のコメント欄、ご覧になった方はいらっしゃいますか?







    そこには何と!







    意外な事に!











    真面目なエギング関連の質問が!びっくり










    姉さん事件です!(笑)










    ではでは、早速『烏賊初心者さん』から頂いた質問内容をご紹介矢印上






    ====================================================


    いつも楽しく拝見しています
    エギを初めて2〜3ヶ月の超初心者な私なんですが
    前々から疑問に思ってる事があり、場違いかも知れませんが答えが見つかればと思い、キーボードを打ってます

    私は、基本3.5号をメインに3号、4号と使っているのですが中々釣れません。どこのブログを見ても3.5号とかで小さい奴から大きい奴まで釣られてます、中には小さいエギで小さい烏賊を釣られてる方のブログもありますが、エギをサイズダウンするべきでしょうか?


    ====================================================




    烏賊初心者さん、ご質問頂きまして、誠にありがとうございます!



    烏賊初心者さんの質問内容

    なかなか釣れない為、エギのサイズを落とすべきか?

    との事ですが、私個人の意見としては







    全く必要無し!








    だと思います。ニヤニヤ


    なぜかという理由は何点かあるのですが、

    『3.5号のエギに乗らないサイズのイカというのは、かなり小さい』

    という事が容易に想像出来るかと思います。


    小さいイカというのは好奇心が旺盛で、エギに興味を示して寄って来る反面、臆病でもありますので、いきなりエギにしっかり抱き付くという事は少なく、触腕で恐る恐る確かめてからといった場合が多いです。
    その為、カンナが触腕の先端に掛かる確率が高い上、非常に体が弱い(柔らかい)ので、合わせたり寄せたりという釣り人側にとっては当たり前の動作だけで、簡単に触腕が伸びたり切れたりしてしまいます。

    もしそうなった場合、餌を捕獲出来ない為、リリースしたとしても結局死んでしまいます。


    サイトで大きさを確認しているにも関わらず、エギをサイズダウンしてまで釣り上げておいて


    「小さいから可愛そう」


    などという、釣る前から見て分かっているのに自分を美化する為の言い訳の様な理由付けを行い、傷付けて弱らせた挙句、餌を捕獲する事が出来ない状態でリリースし、最後は死なせてしまう

    仲間内では、そういう行為を『虐待』、そういうサイズのイカを『虐待サイズ』と言っています。


    また、2号や2.5号といった小さいエギで、胴長10cmにも満たない様な『虐待サイズ』のイカを


    「1人で100杯以上釣る事が目標」


    などと言ってる人もいますが、小さいイカをそこまでして釣る必要があるのかな?という疑問があります。



    どんなサイズのエギを使おうが、どれだけ小さいイカを大量に釣ろうが、それは趣味の世界の話であり、個人の自由であり、価値観の違いなので、誰にもそれをダメだと否定する権利はありませんが、末永くエギングを楽しみ、美味しいアオリイカを来年以降も食べたいと思うのであれば、小さいエギで小さいイカを根こそぎ釣るより、3.5号もしくはそれ以上の大きさのエギで釣れるサイズだけを狙った方が、残った子イカが成長して来年に子孫を残す確率が少しは高くなって良いんじゃないか?ってのが私の意見です。

    ただ、釣れたのが小さいイカであっても、3.5号や4号、またはそれ以上といった大きなエギを使い、完全なブラインド状態で釣ったのであれば、それはそれで大きなエギに小さいイカを抱かせる技術があるという事ですので、むしろ凄いと思いますけど・・・




    かなり話が脱線した感じがありますが、烏賊初心者さんの場合は、エギングを始めて2〜3ヶ月でなかなか釣果に恵まれていないとの事ですので、まずは見えるイカに対して小さいエギを使ってみて、


    どういう動きにどういう反応をするのか?
    どういった時に寄って来るのか?
    どういう事をすると離れてしまうのか?
    一定距離から近付かないイカを抱かせるには?
    根掛かりの回避の仕方、根掛かりの外し方


    等々・・・


    といった様な、色々な事を直接見える距離で練習し、エギの動きとイカの反応、エギに興味を持たせてから抱かせて釣るまでのプロセス、釣る楽しみを覚える事が、エギング技術の上達に繋がると思います。

    そういう経験を積んで、自分なりのエギの動かし方とか釣れるパターンみたいなのが何となく分かってきたら、それを3.5号のエギを使ってブラインドの釣りで応用してみて下さい。

    すると、いつの間にか自分の技術が上達している上、エギの大きさによるアピールもUPしているので、小さいエギを使っていた時よりも1〜2サイズ大きいイカが釣れたり、たくさん釣れたりという事に繋がります。



    エギングのメソッドやパターンは、書籍やDVD等でプロと呼ばれる方々が数多く紹介しておりますので、そちらを参考にされた方が良いと思いますが、最後に一言だけアドバイスをさせて下さい。







    小さいエギはイカを釣る手段の一つであり、方法の全てではない。







    烏賊初心者さんにデカイカが釣れます様に・・・
     


    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    2010.10.06 Wednesday * 23:06 | エギング | comments(22) | trackbacks(0)
    Comment
    なんともゆきちゃんらしくないまじめなご意見ですね(^^;)
    ちゃかすのはやめて、当方も賛同します!
    と言いながら当方、この時期は3号のエギを多用しているんですが。。。
    当方もまだ修行中なんで色々と試行錯誤している結果が3号なんですけど。

    親父釣人 | 2010/10/07 12:00 AM
    私も激しく同意させていただきます!
    という私も3寸と3.5寸を半々ぐらいで使っていますし、それなりのサイズのものが寄ってきていて、3寸でもなかなか抱ききらないときは、2.5寸を使ったり、手っ取り早く次に進みたい時は非常用に1本だけもち歩いている1.8寸を使うことも・・・(汗)
    まぁこれは戦略の一つってことで
    ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
    こちら日本海側では今の時期でも2.5寸メインで使っている人を多数見かけますが、小さいエギを使う人口の増加とそれに伴うイカの進化で、将来的に秋イカは3寸じゃぁ見向きもしないような状態になってしまわないか心配です(汗)
    ふろりん | 2010/10/07 12:19 AM
    秋は、3号、春は3.5号と決めていたのですが、
    今年、9月10日に行ったエギングで、考えが変わりました。

    3号から始めたのですが、1匹釣った所で、3.5号へ、で気が付いたのが、
    ブラインドの場合、3号より、3.5号の方が、エギの状況が分かりやすい、
    イカが高活性の場合、より、遠くから発見出来る3.5号の方が、釣果が上がるって事で、(みなさんからすれば、当たり前の事なのですが)

    イカのサイズで、エギのサイズを決めたらダメって事ですね、

    3号と3.5号どう使い分けるか、今後勉強します。
    タマ | 2010/10/07 6:48 AM
    親父釣人さん


    あの〜、最初から真面目キャラなんですけど・・・(汗)
    私が変態だというイメージは、イカタコさんと黄レンジャーさん、そしてボスの白墨さんが原因です(爆)

    決して小さいエギを使う事が悪い事ではなくて、試行錯誤した結果が3号エギというのは、全く問題無いですよ〜
    ゆき | 2010/10/07 7:31 AM
    ふろりんさん


    小さいエギは戦略の一つ
    そう!そういう事ですよ!

    イカも子孫を残す為、DNAに情報を残しながら進化するでしょうから、いつかはエギに無反応・・・みたいな時代が来るかも(汗)
    ゆき | 2010/10/07 7:38 AM
    タマさん


    エギを大きくすれば、イカからは発見し易くなりますし、エギに当たる潮の面積が増えるんで、状況は掴み易くなりますね〜

    3.5号ノーマルを基準に、潮や船の流れる速さで3号ディープにするとか、エギングって奥深いです。
    ゆき | 2010/10/07 7:49 AM
    なるほど!!確かにそうですね!!
    てっきり釣れない時は2.5号かと思っていました
    以前、どこのブログかは忘れましたが、どこかのモニターの方のブログでボカシが入っていたので定かでは無いのですが
    虐待サイズを小さいエギで虐待していたのを見て釣れない時は小さいエギかと思っておりましたが、デカイエギで勝負します!

    烏賊初心者 | 2010/10/07 2:58 PM
    烏賊初心者さん


    望んでいたアドバイスになってなかったかもですね・・・(汗)

    モニターの方の画像にボカシですか?
    う〜ん・・・
    あんまり見られたくない写真だったとかでしょうかね〜

    でも、メーカーのモニターっていう立場の人が、そんなボカシを入れなきゃならないサイズのエギを使って虐待サイズのイカを釣ったのをブログに載せたりすると、契約してるメーカーのイメージダウンになったりして、迷惑が掛かると思うんですけどねぇ〜

    ゆき | 2010/10/07 5:29 PM
    私は、3.5号メインで使用していますが、烏賊が小さいから2.5号にするのではなくそのときの海況に応じて3号を使うもよしベイトサイズに合わせた2.5号を使うのも有りだと思っています。
    その中でも大きい個体のものをとりたいです。
    ディープえぎは深いところ用ではなくたんに沈下速度の速いえぎ2.5号は小烏賊用ではなくたんにシルエットの小さいえぎと考えればまた新たな攻め方があると思います。

    ゆきちゃんの言ったとおりにコメシタヨ^^
    白墨大王 | 2010/10/07 8:22 PM
    今日は、3・5Dの魔法のエギで爆釣でした!!
    イカタコ大使 | 2010/10/07 10:23 PM
    違う人のブログへ来たのかと思いました。
    ゆきちゃんのブログやんね???

    男は黙って3.5号!^^
    あ、私は3号も使いますけど(爆)
    ひろ | 2010/10/07 10:39 PM
    ゆきちゃん毎度〜

    なんやら真面目な記事ですなぁ〜爆

    僕の知り合いの方に、春の親烏賊釣りに2.5号で臨まれる方がおります。日本海のドジャローの藻場対策で、使用されるようです。エギのサイズは、場所や状況で使えるサイズが変わってくると思いますので、使いたいエギを使えばよいかと・・・。ちなみに↑の方は、夏は鮎、秋はヒラマサを追いかけてはりますので・・・
    テツ | 2010/10/07 10:57 PM
    セコイエギを使うのは光一☆だろ!!
    ボカシを入れて誤魔化す奴さ!
    オイラはセコイエギは使わないゼ!!
    ゴリラは爪の垢が黒いのか?
    ただ不潔なだけだろぉ!!
    高2 | 2010/10/07 11:09 PM
    白墨大王さん


    え?え?え?

    そんな事を依頼した覚えは無いんですが・・・(汗)
    ゆき | 2010/10/07 11:59 PM
    イカタコ大使さん


    2つ抜け、おめでとうございます!

    この調子でボートエギングの大会も・・・

    グフフ
    ゆき | 2010/10/08 12:00 AM
    ひろさん


    変態ネタばかりではありません(笑)

    小さいエギを使う事は、何ら悪くはないですよ〜
    いつでもどこでもどんな時でも小さいエギオンリーってのは・・・
    ゆき | 2010/10/08 12:09 AM
    テツさん


    ( =゚∀゚)ノ毎度!

    「場所や状況で使えるサイズが変わるので、使いたいエギを使えばよい」

    ごもっともです!
    ゆき | 2010/10/08 12:15 AM
    高2さん


    申し訳ありませんが、当ブログで個人を特定する誹謗中傷はお控え下さい。

    それに、ここには2度と来ない人だと思いますので、書き込んでも意味が無いですよ。
    ゆき | 2010/10/08 12:20 AM
    おぉ〜〜〜〜久々(^O^)エ〇blogではなくエギングblogですね!!!

    色んなメーカーのエギいっぱいありますし、スーパーシャローからスーパーディープまで 大きさや重さの違いや、 シャクリーエギにダートエギ、何種類もある配色 一体何を使えば釣れるのか?
    難しいですよね(ーー;)


    これだけあるのですから 使い方は人それぞれ違って当たり前ですよね!


    キャストや底がとれてるかという基本的なことができたとして、後は色んなことに挑戦していってイカが釣れたり、釣れなかったり 経験することで色んな状況に判断できていくと私は信じてエギングしてるのかなぁ〜〜〜


    いつも予習、復習の繰り返しですが……


    エギング初心者さんがゆきちゃんのblogみてからイカ釣れた〜〜〜って報告くると 嬉しいですよね(^O^)

    なんか久々に私も初心にもどってエギングしよ〜〜〜ていう気持ちになりました!!!


    これからもいつもグフフて笑って釣りしていきま〜す


    癒しblogですね(笑)
    グフフ
    黄レンジャー | 2010/10/08 2:06 AM
    黄レンジャーさん


    真面目なコメント、ありがとうございます!(笑)

    仕事も釣りも人生も、ずっ〜と勉強、予習、復習の繰り返しですね〜


    このブログで癒されましたか?


    それはかなりのドフェンタイです!(爆)


    グフフ
    ゆき | 2010/10/08 7:25 AM
    いつも癒やされてますし
    勉強になりますよ〜

    やっぱりドフェンタイなのかな(爆)

    週末楽しんできてねヾ(^▽^)ノ
    miki | 2010/10/08 5:03 PM
    mikiさん


    あなたもドフェンタイの仲間入り(笑)

    目一杯楽しんできましたよ〜!
    ゆき | 2010/10/12 7:34 AM









    Trackback URL
    http://saruegi.jugem.jp/trackback/1325927
    << ボートエギング王座決定戦 『エンペラーズカップ』 | main | とってもエロい2本立て >>